焼却+乾燥+発電

用途について

一括投入された廃棄物が乾溜ガス化炉でガス化され、燃焼炉で完全燃焼されます。
この際に発生する高温燃焼ガスの廃熱の一部を汚泥等の乾燥機に導き、乾燥の熱源として利用することが可能です。
排ガスは酸化脱臭を行うために再度燃焼炉に戻されます。
また、高温燃焼ガスは900°C以上で蒸気ボイラーで蒸気又は温水として回収され、発電を行うことが可能です。

強み・メリット

おすすめの製品

GB型乾溜ガス化焼却装置
PB型汚泥乾燥装置
納入実績